第11回 技術経営・イノベーション大賞 応募受付を開始しました!!

 

**********************************************************

        第11回 技術経営・イノベーション大賞 応募受付

              ”世の中を変革する優れたイノベーション事例を募集します”

           (応募受付 : 令和4年6月1日~9月6日)

 

                      内閣総理大臣賞

         総務大臣賞・文部科学大臣賞・経済産業大臣賞

          科学技術と経済の会会長賞・選考委員特別賞

**********************************************************

 

 

(一社)科学技術と経済の会は、わが国のイノベーションの推進により経済社会の発展に資すべく、イノベーションの普及とそれを通じた産業競争力の強化を図ることを目的として、「技術経営・イノベーション大賞」表彰制度を設けています。本表彰は、世の中を変革する優れたイノベーション事例の内容と実践プロセス(技術経営)を広く紹介することで、次世代の経営者・技術者への参考に供し、さらなるイノベーションを促します。

  主  催:(一社)科学技術と経済の会
  後  援: 総務省、文部科学省、経済産業省、日本経済新聞社、日刊工業新聞社
  協  賛:(一財)新技術振興渡辺記念会

 

 募集概要は以下の通りです。多数の自薦他薦の応募をお待ちしております。

 

1. 表彰対象

・ 日本経済の発展、社会変革、グローバル競争力の向上、福祉の向上、社会のサステナビリティや脱CO2社会の実現、さらには新型コロナウイルス対策等への貢献、すなわち、急変する環境下での新たな価値創造を飛躍的に実現するイノベーション(変革を起こした/起こしつつある新事業)で、事業化され投資や雇用を生み出した/生み出しつつある優れた取り組みを表彰します。

・ 企業・団体の形態や規模は問わず、イノベーションを推進した経営者や事業推進者およびそのチームに贈られます。

 

2. 選考基準

技術経営およびイノベーションの内容だけでなく、その実践プロセスに特に注目しており、以下の点を重視して選考します。

・ 社会、生活、産業、文化を大きく変えたり、変化へ迅速に対応したりした新たな価値を創造

・ 科学技術を活用する優れた技術経営

・ 画期的な変革を生み出した、もしくは生み出しつつある事業

  (製品・サービス、顧客、生産方式、調達、ビジネスモデル、組織・マネジメントの変革等)

・ 多くの雇用創出や、飛躍的な事業拡大を果たした、あるいは期待できる取り組み。雇用や事業の大きな転換に資する取り組み

 

3. 賞の種類

  内閣総理大臣賞(1件)        :賞金(50万円)、本賞賞状及び記念楯

  総務大臣賞(1件)          :賞金(20万円)、本賞賞状及び記念楯

  文部科学大臣賞(1件)        :賞金(20万円)、本賞賞状及び記念楯

  経済産業大臣賞(1件)        :賞金(20万円)、本賞賞状及び記念楯

  科学技術と経済の会会長賞(3件程度) :賞金(1件につき10万円)、本賞賞状及び記念楯

  選考委員特別賞(数件程度)       :本賞記念楯

  注)過去に表彰制度で受賞されている場合
    1)他の表彰制度で大臣賞を受賞されている案件については、原則として同じ大臣賞表彰の対象といたしません。
    2)本表彰制度で大臣賞を受賞されている案件については、他の大臣賞表彰の対象となります。
    3)本表彰制度で科学技術と経済の会会長賞を受賞されている案件については、大臣賞表彰の対象となります。
    4)本表彰制度で特別賞を受賞されている案件については、大臣賞および科学技術と経済の会会長賞表彰の対象と
     なります。

 

4. スケジュール

 応募受付:令和4年6月1日から9月6日(締切)

 審査期間:令和4年10月~12月

 結果発表:令和4年12月末(個別にメールでご連絡差し上げる予定です。令和4年1月にはホームページ上等で発表します。)

 表彰日:令和5年2月13日(予定)

 

5. 応募方法

 応募用紙記載要領を参照の上、技術経営・イノベーション大賞応募用紙に必要事項を記載して、Word形式で提出して下さい。送信容量等の問題でメール送信ができない場合は、応募用紙をDVDにコピーして郵送して下さい。

なお、提出書類等は返却できませんので、ご了解ください。

    応募用紙は こちら

    記載要領は こちら

    募集要項は こちら

  パンフレットは こちら

 

 応募は無料です。

 

6. 表彰式等

 受賞された方には、表彰式(令和5年2月13日予定)への出席と、当会主催の技術経営・イノベーションシンポジウム(令和5年6月予定)での記念講演をお願いします。

 

7. 提出先

 以下のメールアドレスまで、メールにてお願いいたします。

   電子メールの送信先:innovation(at)jates.or.jp    ※(at)を@に変更してください。